作ったその日に飾れちゃう☆100円均一の写真立てをアクリル絵の具でアンティーク風にリメイク


いつもtamaccoホームページへ遊びに来てくださり

誠にありがとうございます

       ・
       ・
       ・

久し振りにリメイク作業したので記事にしてみました
100均の写真立てをアンティーク風に・・・一時期流行りましたよね♪

そんな懐かしの作業を写真と共に振り返ります(笑)

写真立てをフレームだけにして要らない紙の上にセットする


今回はハガキが入るサイズの写真立てを購入しました
黒ver.があればもっと簡単に出来たのに・・・いつ行っても白ver.のみ
 
と、今頃ゴネる(笑)
 
 
ペイント開始!


耐水性アクリル絵の具をそのまま躊躇いなく塗って行きます
これが時短ポイント!水は使いません!
(使うとしても絵筆を湿らす程度)

耐水性のアクリル絵の具を水無しなので使うので乾きが早いんです♪


注意することも特にありません
敢えて言うなら持つ部分の確保くらいでしょうか?
テーブルに付かない様にするとか?(笑)


気軽にガシガシ塗り進めましょう!


フレームのこみいった飾り部分は筆をくるくるさせて塗る
フレームのこみいった飾り部分は筆をくるくるさせて塗る
フレームのこみいった飾り部分は筆をくるくるさせて塗る
飾りの部分は水分が少ないのでちょっと塗りづらいかもしれません
絵筆をくるくる回したりトントン埋める様なイメージでしっかり塗りましょう
(私はまず前面、乾いてから側面を塗りました)
(特に順番はありませんのでやりやすい様に作業してください)

全体が乾いたらもう1度同じ工程を繰り返します
こうする事で深い黒色がでて綺麗な仕上がりになります

フレームを持っていろんな角度からみて色ムラがない様に仕上げましょう
フレームの飾り部分にアクリル絵の具のゴールドを用意する


さて、ここからが1番楽しい作業です♪
(これが仕事にならないかなと思う程楽しくて好きな作業(笑)

飾り部分をゴールドで着色し金具っぽさをだしていきます
私は以前購入したこちらの絵の具を使用しました
(紙にだしたらチューブに印刷されてた色と全然違くて焦りました(笑)


お好きな色で問題ありませんので気の向くまま選んでください
シルバー系でもカッコいいですよね


絵の具を筆にとり、紙の上でバサバサにする


ここでは絶対に水を使わないでください
絵筆を濡らすのも禁止です

絵筆で絵の具をとったら
紙の上で上下でも左右でも良いので動かしてバサバサにします
水分がない方が良い感じに仕上がります


フレームの飾り部分を塗っていく


飾りの上を軽いタッチで色付けしていきます
付け過ぎても後から手直し出来ますので
あまり悩まず気にせずサササっと筆を進めてください


個人的には絵の具の付き方に強弱のある方が好きなので
飾りの上部をやや強く、
下(内側)へいくに連れて薄めに・・・というイメージで塗っています


皆さんの好みを120%だして塗ってくださいね
これが手作りの魅力ですもんね///


はみ出した部分を手直しする


はみだした部分や付け過ぎた部分は完全に乾いてから黒で塗り重ねます
この時も水は使わずに作業してください


もし黒を塗り過ぎたらまた乾いてからゴールドを重ねて・・・を繰り返して
納得いく雰囲気になるまで粘ってくださいね
 
 
ゴールド強めと弱めの比較


私は最初左のフレームの様にしっかり目にゴールドを付けましたが、
壁に当てて確認したらもう少し控えめの方が良いかも・・・と黒を重ねました


こうやってお家の家具や雰囲気に合わせられるのも
手作りの醍醐味ですよね

手間や時間をかければ100円なんてものじゃないくらい価値もでますよね


完成♪


これはまだはみだした部分の手直しが済んでませんが、
こんな感じで完成しました

ポストカード入れて飾るのが楽しみだー♪
(画鋲を使わずに壁に飾る方法をみつけてあるんです)
(上手くいったらそちらもご紹介しますね)


最後までお付き合い下さってありがとうございました!
楽しい連休をお過ごしください♡